2008年07月02日

メタルの表現に適する塗装〜比較編

さて、皆様は7月に入り、いかがお過ごしでしょうか?
私?・・・もちろん忙しく過ごしております・・・

模型どころか、模型部屋にすら入れない状況で、物欲炸裂もままならず
ひっそりと過ごしておりますよ・・・笑

いつものこの時期は梅雨時期と重なりますので、比較的に穏やかな時期なのですが、何故か今年は忙しい・・・
とはいえ、個人的には楽しい仕事もありましたので、それほど疲れているわけではないのですが、ブログの更新や皆様へのコメントも少々手抜きになってしまい・・・すいませんでした。

そんで、今回はタイトルにもあるように、これからの模型生活をエンジョイ出来るように(個人的にね)少々色々と比較してみましょう。
なんでそんなことになっているかと言えば・・・・

最近、あらゆるメーカーから何とかシルバーやらファイン何とかやら次々と塗料が発売されておりまする。
その昔なら、シルバーはシルバー、ガンメタはガンメタって、とってもわかりやすかったのですが、最近のは全く分からん・・・笑
どこがどう違うかってのを、個人的に検証してみます。

まず、ベースとなる物は皆さんの一番手に入りやすいタミヤの缶スプレーのシルバーリーフに致します。塗り板はプラバンで途中に黒の帯が入っている物は、上が黒ベース、下が白ベースです。
希釈は基本的にほとんどしていませんが、ブラシから出てきそうもない物は若干希釈しております。
タミヤの缶スプレー以外は、0.5のブラシで圧を高めにして吹いております。(腕は普通です・・・爆)

7.1.1.JPG

左から タミヤ    シルバーリーフ
    Mrカラー  スーパーシルバー
           ガンクローム
           シャインシルバー
           焼鉄色
           黒鉄色
           メタルブラック

の、順番です。

タミヤのシルバーリーフ。言わずと知れたカラーですが、メタルの粒子が細かく、アルミを磨き出したような色です。
Mrカラーのスーパーシルバーは、それよりも少々重たい感じで、粒子が大きい。ガンクロームは粒子はシルバーリーフに近く青味と黄味が入っている感じ。シャインシルバーは粒子がキラキラでラメっぽい。あんまり臓物には使えないかな・・・笑
焼鉄色は粒子はスーパーシルバーと同等で赤味が入ってバイクのエンジンに使えそう。少々茶っぽい。(今までのと比べてね)
黒鉄色は粒子は焼鉄色と同等、黒の上に塗装するとかなり焦げ茶ですが、白の上に塗装すると茶がきついかな。
メタルブラック、個人的には凄く期待しておりました。が、よく写っておりませんが、粒子が目立って、メタル感が安っぽい感じ。吹き方にもよるのでしょうが、重厚感は思ったほど感じません。

7.1.2.JPG

今度はもっとも一般的なタミヤの缶スプレー

左から タミヤ シルバーリーフ
        アルミシルバー
        ライトガンメタル   
        メタリックグレー

アルミシルバーはよくご存じでしょうが、粒子も細かくシルバーリーフのぎらぎらした感じを無くしたようなアルミの素地の様な感じ。
ライトガンメタルは、グレーで粒子が粗く、艶を消すとカーボンディスクの地のような色。メタリックグレーはちっともグレーじゃなくて、どちらかといえばMrカラーの黒鉄色の粒子を粗くした感じ。臓物に使うとなれば黒鉄色の方が個人的にはよりらしくなるかと・・・

7.1.3.JPG

今度は
左から タミヤ    シルバーリーフ
    ガイアノーツ シルバー
           ブライトシルバー(筆塗りはタミヤのクロームシルバー) 
           スターブライトシルバー 
           スターブライトジュラルミン
           スターブライトゴールド

シルバーは粒子はシルバーリーフより少々粗くアルミシルバーとの中間の感じ。ブライトシルバーは一番粒子が細かいかな・・・綺麗なアルミって感じで、軽い感じ。あるもシルバーより軽い感じ。タミヤエナメルのクロームシルバーみたい。スターブライトシルバーはキラキラ感が強くて、アルミシルバーをキラキラさせたみたい。スターブライトジュラルミンはスターブライトシルバーに黄味を持たせた感じ。ジュラルミンと言うよりはステンレスやチタンに近い?スターブライトゴールドはオレンジっぽいゴールドです。(キャラクター系にありそうな色)
トータルで見ると、前の2例より粒子も細かく上品で臓物向きですかね。

最後は

7.1.4.JPG
  
言わずとしてたスーパーシリーズ。
画像では凄く分かりにくいですな・・・笑

左から タミヤ    シルバーリーフ
    Mrカラー  クロームシルバー
           ファインシルバー
           スーパーアイアン
           スーパーチタン(筆塗りはタミヤのチタンシルバー)
           スーパーステンレス

このシリーズは粒子が細かく、非常に的確にその色を再現しているようですが・・・
クロームシルバーはガイアのブライトシルバーに似ております。ブライトシルバーを明るくして艶を出した感じ。ファインシルバーはタミヤのシルバーリーフに近くシルバーリーフのぎらつきを抑えた感じ。スーパーアイアンはガイアのスターブライトジュラルミンに近くスーパーチタンはタミヤのチタンシルバーに似ており、スーパーステンレスはMrカラーのスーパーシルバーを少々濃くした感じ。これらは似てはいますが、質感はもっとリアルです。メタル感ですとこのシリーズが一番なんですかね。吹き方によっては(下地の色とか)もっと違ったリアルさがあるのでしょうがね。

画像ではなかなかわかりにくいので言葉で出来るだけ説明してみましたが、私のつたない表現力では表現しきれませんので、参考までに。

でもこうして塗り板を作ることで、資料とにらめっこしているときに役に立つかなって思っておりまする。
ボディーの色は今までも塗り板を作ったりしましたが、なかなか臓物となると我流過ぎてあとで不満が残ったりしますんでね・・・笑

え、みんなやってたの?
私だけか・・・涙








posted by エル at 18:35| ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。