2009年03月11日

アメプラは鬼門

先週末から、人生で初めての入院というものを経験致しました・・・笑
2泊3日の入院。そして初めての大きな手術。

手術と言っても、別にメスを入れるわけでもなく、危険性も少ない手術だったのですが・・・不安でしたぞ・・・笑

病名は左腎結石で、国立病院で最新型の結石破砕マシーンを使い、衝撃波での結石の破砕。
いわゆるカメハメ波ですな。
薬で結石を散らせるサイズでは無く、発見されたときには既に2センチ近くに成長しておりまして、これ以上大きくなると、全身麻酔の上にポコちゃん先端より内視鏡を注入しての手術と脅かされ緊急入院。
ポコちゃん先端より内視鏡だなんて、聞いただけでもぞっとしません?

手術そのものは1時間程度で終了。
カメハメ波は1秒に一回くらいの周期で発射されまして、鎮痛剤を点滴されているので、それほどたいした痛みも無く終了。
そこからが大変・・・
結局、破砕はするものの、破砕されたそいつらは出てくるって事ね。
腎臓から尿管、膀胱、尿道って具合に落ちてくるのですよ。
いや〜書いていても痛いですな・・・笑
しばらくは赤いション便が出ましたが、そいつらも無事出てきました。
ま、命に別状が無い上に、すこぶる健康になったって事でめでたしめでたし。
皆さん、健康が一番ですぞ・・・うんうん。

さて、先日一回こっきりで完成まで持っていったネタと同時進行で、
鬼門とされていた禁断のアメプラに手を出したのですが・・・

ネタはこれ。

3.11.1.JPG

ナスカーです。何処の誰が乗っているのかも、何処ぞのチームやらも深くは考えずに、ただ単に地元の模型屋さんの特価品コーナーに転がってたからと選択。
しかも、こんな素敵なカラーリングは、あっちの国でしか無さそうでしょ。蛍光緑ですぞ、蛍光緑。説明書にはルミライトグリーンって書いてあったけど・・・あってるのかな?

箱を空けてまずびっくり。
成形色はグレー一色。しかもパーツはふにゃふにゃ。
プラスチックなのか何なのかもよく分かりません。
デカールは綺麗で貼りやすそうね。

こいつの問題はここ。

3.11.2.JPG

ロールバー。
まともには組めません。だってパーツがふにゃふにゃ。
流し込みの接着剤で組み立てようとしましたが、多めに塗布するととたんに溶け出してしまう次第・・・
しかも金型が古いのか国民性なのか、丸じゃない・・・
というか半丸がずれて付いている・・・
まん丸にすると寸法は半分くらいになっちゃいますな・・・笑
ここをクリアーさえしてしまえば、後は組み立てるのにそれほど労力を要しないかも

サクッと行きます。

3.11.3.JPG3.11.4.JPG

車高もすんなりでましていい感じ。
かっこいいじゃないですか・・・笑
ボンネットピンなどのボディーに付いた突起物は後で作り直すとして、
みんな削り落として塗装に入ります。

3.11.5.JPG3.11.6.JPG

問題のルミライトグリーンですな。
蛍光色は乾くときに表面の厚く吹いたところが縮むので、よく入り隅とかにクラックが入りまする。
なので、クリアー半分、ルミライトグリーン半分で混ぜて吹きます。
そうそう、下地にはもちろんグリーンを吹いておきます。
一度に吹くとひび割れが怖いので、何回かに分けて薄く吹きました。
結果、トラブルもなく大丈夫でしたぞ。
そんでマスキングしてブラック。
ラインデカールを貼るので、多少はみ出しても大丈夫。

そんでそんで、

3.11.7.JPG3.11.8.JPG

早々とデカール終了。

とはいえ、ウレタンの練習を兼ねているので、シルバリングの予防の練習でもありまして、デカールは慎重に、丁寧に貼りました。
どうやら糊がおかしいらしく、水に浸けて少し経つと水が白く白濁してしまうので、危険と察知して、マークセッターを塗布し慎重に貼りました。デカール自体はタミヤの光ってるデカールと何ら代わりがないかと。
結構貼りやすくて、曲面にもよくなじんでくれます。

っと、ここまでが入院前。

それから入院を挟んで、約1週間ほど乾燥させてからクリアー吹き。
シルバリングが怖かったので、まずはラッカーで砂吹き。





ここでトラブル発生・・・・・・













ぎやぁ〜

何処をどう見てもきちんと密着している。
クリアー吹く前にきちんと水洗いもして、そのときは全く問題なかったのに・・・

クリアー砂吹きしても、何の問題も無かったのに・・・



3.11.9.JPG3.11.10.JPG

分かります?
クリアーを吸ってデカールがふやけてます・・・・涙
しかも、溶けているのでは無いのです。試しに綿棒でさわって見ても
全くボディーと密着する気配がありませぬ・・・
もしやと思って、クリアーの部分をめくってみても、剥離デカールではありません・・・・
デカールの問題?
デカールを貼る作業に問題?
もしかすると腕の問題・・・爆

こりゃなんだ?

全く原因が不明。

やっぱりアメプラは鬼門だ・・・

さようなら、ナスカー君・・・・・
私にはリカバリーは出来ませぬ・・・・・涙


こうして私はまたアメプラを攻略できないのでありました・・・・
posted by エル at 20:38| ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

もうすぐ春ですな・・・

気が付いたら3月ですな。
もう、すぐそこまで春がやって来ておりまする。
時事ネタも沢山あるのですが、今回は無視。
だって、政治はこんな感じだし、芸能には興味ないし、近況といっても不景気は相変わらず。
なので、明るいネタで行きましょう・・・笑
0.0.0.JPG

うちの梅の花も頑張って咲いてきました。
春もそこまで来ておる感じがしますな。

さあ、今回は一気に行きますんで長くなりますぞ。心してお付き合いを・・・爆

今回のテーマは、綺麗に塗り分けする。
そんで臓物やら面倒くさいものが無いマシン。
その分、塗装に時間を割いて作ります。

お題はこれです。

3.2.0.0.JPG

実はこの手のマシンは作ったことが無かったので、初めてのマシンですな。
ジャガーとかメルセデスとか、日産にポルシェ色々でていますが、あえてタミヤを避けているのは臓物があるから。
その点、このハセガワのキットはプロポーションキットですので安心して作れますな。

まずはサフ。
今回はウレタンを吹いております。
ハセガワのプラはウレタンでも大丈夫でした。

3.2.0.JPG

ベースにフィニッシャーズのファンデーションホワイトを吹いて、
デカールで再現されている青の塗り分けをマスキングして塗装。
こんなデカール、絶対に私には貼れません・・・笑
塗装の方が楽じゃないのかな・・・

3.2.1.JPG3.2.1.1.JPG

3Mのマスキングテープの2mmやら1mmやらを使いちまちまやりました。
今回、ブルーを吹く前にマスキングした後に軽くクリアーを吹いておいたので、比較的綺麗には出来ましたが、まだまだ修行が足りませんな。
細かいところににじみがでましたので、ブルーやホワイトでタッチアップしております。
ブルーはデカールを元に少々調色しておりますが、若干、明るかったかな・・・

そんで

3.2.2.JPG

デカール貼り終了。
なんせそんなにロゴも無いので、あっさり終了。

そんでクリアー吹き。最初にデカールをなじませるために、一度、ガイアのクリアーを吹いております。
軽くペーパーを掛けてからウレタンクリアーを吹きます。

どうしてもウレタンを吹くと塗膜が厚くなってぽってりしがちですな。
これは研ぎ出しで何とかなりそうです。

3.2.4.JPG3.2.5.JPG

3回ほど時間を空けて吹いております。
塗り重ねが難しいウレタンですが、最初はさらっと。そんで半日ほど空けてしっかり吹いて、中研ぎをして乾燥機に入れて、1週間ほど置いて
仕上げを吹いております。トラブルはありませんでした。
私はまだ慣れてないので、どうしてもシンナーで希釈しちゃうんで、
乾燥時間を多く取って、シンナー分を揮発させてから研ぎ出しをしました。画像がありませんが、1000番のペーパーからはじめて、番手をあげていき、最終的には2000番で空磨ぎしてからコンパウンドに変えております。
ラッカーに比べると塗膜が固い分、研ぎ出しが大変ですな。
でもデカールがこんにちはする可能性も少なくなる・・・笑

塗装の合間に細かいものを・・・
ホイールが塗り分けなんで、マスキング。
私のサークルカッターは改造してあって、デザインカッターの刃が入るようになっております。

3.2.7.JPG

小さい丸を切り出すのには、最初に付いている刃ではダメ。
なので刃先が鋭角なデザインカッターの刃がいい感じです。

ディッシュの方をマスキングして黒、そんでクレオスのメッキシルバー
。もはや定番になっておりますな。

3.2.8.JPG

で、タイヤマーキングは吹いても良かったのですが、ちょうどいいモノが無かったので、キットのデカールをトロンのタイヤ用デカールフィットでくっつけて・・・

3.2.9.JPG

これはダメでしたね。綺麗に行かない。デカールとの相性が悪いのかな・・・
デカールが綺麗になじんでくれなかったので、最終的にはエナメルシンナーやらラッカーシンナーやらで何とかしました。
トロンは強力なのでやり直しがきかなくて・・・
でも綺麗に溶けてくれないデカールでしたな。今までではじめてでしたね。経験が足りませんな・・・笑

後はウインドーね。
後ろから黒を吹くのですが、最近のタミヤのキットのようにマスキングシートは付いておりませんので面倒くさい・・・笑

3.2.6.JPG

ま、こんなモンでしょうかね。
ウインドーは綺麗にマスキングして、取付の際にのりしろとなる部分も、きちんと黒く塗装しております。
こうしておくと、クリアーパーツの取付が苦手な私にでも綺麗に取付出来るんですね・・・笑

と、細かいのもを作りながら研ぎ出しの終わったボディーに取付。

IMG_0519.JPG

エポキシで綺麗にくっつけます。

シャーシとボディーをくっつけてみると・・・

3.2.10.JPG

フロントが浮いてしまうので、ここも強制的にウレタンでくっつけちゃいます。

そんで小物を付けて・・・・


はい完成!

3.2.11.JPG

3.2.12.JPG3.2.13.JPG3.2.14.JPG

あっさりと完成しましたぞ・・・笑
今回はほとんどの時間を塗装と研ぎ出しに使いました。
時間的には1ヶ月くらいかな。臓物が無いから・・・
その半分くらいはウレタンの乾燥と研ぎ出しに割いております。
ウレタンは奥が深い・・・
ペーパーの当て方もかなり勉強になりました。
固いから深く傷を付けると消すのが大変・・・笑
ラッカーとは全く違うんだなって・・・笑
エッジをシャープに見せるには、きちんと研ぎ出しの際に面を出すように研がないと綺麗に行きませんな。
ちなみに私は100均の消しゴム。こいつをいろんなサイズに切ってペーパーの当てにしております。
適度に柔軟性があっていい感じだと思いますが、皆さんは何をお使い?

最後に・・・・

今まで作ったことが無いマシンでしたが、こうしてみるとなかなかよろしいですな。
ハセガワからいろんなマシンがプロポーションキットで出ているので、
また機会があったら作ってみたいですな。

さて、そろそろ祭りのマシンでも探しますか・・・・笑

・・・・長かった・・・・笑



posted by エル at 11:20| ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。