2011年01月21日

塗り分けって奥が深いのねの巻き

今年最初の模型ネタ。
前回の積ん毒ネタでは大好評につき(?)そのうち43もやってみたりしますね。
そのうち乞うご期待・・・笑

さて、少々前置きを。

その昔、そうね、私が小学生頃の話。
模型のデカールって未知の世界だったような気がするのね。
その頃の小学生の夏休みの工作は、我が小学校では模型もエントリーできまして、
子供ながらに技を競ったものです。(技と言うには少々問題があるが)
でも、その頃の模型で模型映えするマシンは、実にデカールが難しかった・・・

例えば、ポルシェ935に使われているマティーニカラー。
こんなの上手に貼れた日には、学校中のヒーローだった。
タミヤのあのぱりぱりのデカールを、マークセッターやらお湯綿棒なんてのを知らずに貼るもんだから、当然すばらしくばっちい。
模型屋さんのショーウインドーをちゃりんここいで見に行っては、ため息をついて帰って来た記憶がありますな。
どうしたらあんな綺麗に貼れるのかを、駄菓子屋でチェリオを飲みながら話してたっけ。
ボディーカラーなんてのも当然塗るわけないし、モーター入れて走らせるから、出来のよさなんてどうでもよくなるんですけど、でも憧れた訳ね。
最後にはどうせ爆竹で吹き飛ばしちゃうんだけど、でも憧れた訳。

お金持ちの友達は、模型屋さんのショーウインドーに飾ってあるそのものを買って来ちゃうのよ。そんでヒーローになってたりもするのね。
でも、私のうちはそんなものねだると当然殺されそうになる・・・
キットだってお年玉やらお手伝いしたわずかな貯金から買う訳だし。

ところで、うちのオヤジは職人で、私の中では子供の頃、ウルトラマンに次ぐヒーローだったのね。
なんでも出来ちゃう。雨漏りも直しちゃうし、ペンキだって塗っちゃう。
瓶のふたを開ける事なんて朝飯前だし、車が調子悪ければ直しちゃうし、近所のトラブルはみんな解決しちゃうのね。
若い衆もたくさんいたから、親方って呼ばれてかっこ良かった。
そんなオヤジが、私がデカールを綺麗に貼れずにべそかいていると、見るに見かねてやってきまして、貼ってやるって言ってくれて、私は子供ながらに凄くうれしかったのを覚えてる。
でもね、この事件の後、私はオヤジは万能じゃない事に気がついちゃうのね・・・笑
そのときの覚えている会話。

「おい、こんなの綺麗に貼れないなんて情けない・・・俺が貼ってやるからもってこい!」
「お父ちゃん、持って来たよ・・・」
「なんだ、これだけか。おい、はさみとのり!」
「・・・・」

もちろん、デカールは散々、ボディーはのりだらけ・・・笑

あのときは何にも言えず、茶の間の隅っこで、声を殺して泣いたっけな・・・笑






ってなわけで、新年最初はこいつ。


続きを読む
posted by エル at 17:21| 栃木 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

とうに明けておりますが・・・

明けすぎました・・・笑
皆様、今年もよろしくお願いいたします。
つたないブログですが、今年も技術や奥義やためになる事意外で盛り上げていきたいと
思ってはおります・・・・笑

さて、今年の最初なので、まずは恒例の懺悔からですかね・・・・謎
私の会社の事務所は、仕事柄我が家とくっついております。
そんで、仕事と趣味はほぼ一緒の割合でと私は考えております・・・爆
そんな訳で、嫁に知られたくない事や見つかっては行けないものを事務所に隠します。
以前は従業員も何人か雇い、にぎやかに仕事をしていた時期もありましたが、この商売は
独立する事を視野に入れている連中が多いので、今はみんな巣立っていってしまいました。
なので、事務所は昼間は事務のお姉様がいるだけで、ほぼ自分の部屋みたいなものでやんす。
なんでこんな事を書いているかと申しますと・・・

続きを読む
posted by エル at 20:16| 栃木 ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。