2013年02月18日

apm24 599XX その2

2月は本来忙しいはずなのですが、1月が忙しかった分人並みに生活を送っております。
3月は殺人的になりそう。どうしてこうも偏るのかね。ホント不思議。
ところで皆さんは、デカールを貼るときにどうしておりますか?
デカールソフターを使う、蒸しティッシュを使う、ドライヤーを使う等々その人なりのやり方があるのでしょうが
デカールソフターは便利な反面使いすぎるとてろてろになっちゃったり、蒸しティッシュはお湯を常に温かくしておかなきゃ
ならないでしょ。その都度沸かすの面倒だしね。
その昔はハンダコテを電源入れておいて、綿棒に水を付けて蒸し綿棒なんて事もしておりましたの・・・
これやってると熱の入れ方を考えれば色々と使えるし便利なんだけどね。
ドライヤーを使うのも曲面になじませるには結構使えますな。でも下手すると今度はデカールがからからになる。
タミヤの古いデカールは結構やばくて、ぱりぱり割れちゃったりするのね。

そんで考えたのがこいつ。

じゃ〜ん。チーズフォンデュマシン。近所のホームセンターで在庫処分してたのね。

IMG_6251.JPG


これなら行けるかなって。
常にお湯をちょうど良い温度で沸かしておいてくれるでしょ。

大きさもこんな感じ。

IMG_6245.JPG


結構小さいのね。
よく見ると小さく切った布きれが入ってるでしょ。
手をいれてもそんなに熱くはならなくて、4〜50度程度かな(とにかく沸騰はしない)ちょうど良い感じ。
そこに布きれ入れておいて蒸しタオル。これが実に良い感じ。ジャンクなデカールで試してみたけど・・・

IMG_6249.JPG

私はこのシートの背面のデカールが大嫌い。
でも難なく大丈夫。タミヤの古いデカールだから、温風当てちゃうとぱりぱりになるけど、これならば蒸しタオルだから
全然平気。
そんでね、100均で買ってきた大きな筆をここに浸して使えば蒸し筆にもなっちゃう。
久々のヒットで楽しくてこんなに貼っちゃった・・・笑

そんで肝心の599XXの方は車高だし。

ノーマルだと・・・

IMG_6232.JPGIMG_6233.JPGIMG_6234.JPG

ま〜これが本当は正解なのかもしれないけど、どうも気に入らん。
車はシャコタンでしょ(私の時代はそう)得に公道を走るわけじゃ無いんだから・・・

そんでこうしましたよん。

IMG_6235.JPG
IMG_6236.JPGIMG_6239.JPG

この這いつくばって走る感じが良いですな。
ちょっと落としすぎかもしれませんが、これで良し。

さて、今度はサフェーサーが吹けるかな。もうちょっと修正しないとね。




posted by エル at 11:52| 栃木 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このキット、変わったパーツ割なんですね。Cピラーが別パーツになってるキットって初めて見ました。

しかし、フォンデュのマシンとは。でも、これが作業台にあるのも・・・(^^; 機能的には試してみたいです。みんなでこれを囲んでミニカー作りとか(笑)
Posted by Yoshitaka at 2013年02月18日 20:40
Yoshitaka殿
そうそう、Cピラーはこの車の特徴でもあるのね。リアウインドーとは別の空力処理がされているようですな。この内側にリアウインドーが取り付きます。

これを囲んでミニカー作りは・・・笑
ミニカーフォンデュになっちゃうでしょ・・・笑
Posted by エル at 2013年02月19日 07:00
チーズフォンデュの鍋流用素晴らしいアイデアですね♪

ハンダゴテ流用の蒸し綿棒はコテ先が酸化してハンダがのらなくなるので悩ましいですが、これなら気にせず行けますね!

寒い日の水研ぎにもイイかも(爆)
Posted by かっぱコーヂ at 2013年02月19日 23:23
かっぱコーヂ殿
いや、よかった・・・笑
みんなに笑われるかと思いましたよ。
これ、ホームセンターの在庫処分だったので凄い安かったんです。
大きさもうちの模型机にちょうど良い大きさでした。

そっか、寒ぶい時は重宝ですな・・・
私は模型部屋に加湿器が来た気分ですよ。
Posted by エル at 2013年02月20日 08:27
ストーブにヤカン置いてってのと違って季節不問で使えるのが良さげでありますな。今調べたら、アマゾン価格でもプラモ買うよりずっと安い感じですな。

 パーツの歪みをチョコチョコっと修正するのにも使えそうな感じがしますがどうでしょう?
Posted by @河童 at 2013年02月23日 19:34
@河童殿
でしょ。キット買うより安い。しかもちいさい。季節関係ないっす。オールシーズンね。
温度は40〜45℃程度かな。今度温度計っておきます。
パーツのゆがみはドオでしょね・・・
ボディーはきついかな・・・
拳が入るくらいの大きさなので、それくらいなら大丈夫。
でも使えそう・・・笑
Posted by エル at 2013年02月23日 21:02
どういうわけか RSS フィードが反応してなくて、新記事アップされてるのに気づかなかった。orz

このマシンも小さくていいけど、やっぱ場所とりそう。私は半田こてですねぇ。先端ではなくもうちょっと柄に近い方でやるのでかっぱコーヂさんのような心配も要らないんですわ。

つか、やっぱ日本はこういう流用機器も比較的簡単に手に入るのがうらやましいわー。
ネットショップで探そうにも「チーズフォンデュ」の中国語がわかんねー w
Posted by ワタナベ at 2013年02月28日 11:19
ワタナベ殿
なんか、最近記事をアップするのも時間がかかるし、表紙もなかなか変更してくれないし、なんか変じゃないっす、ここ。

ハンダコテ、枝に近い方でも重宝するんですが、どうにも私の作業部屋では危険な香りがするのね。
なのでこれなのよん。
チーズフォンデュを中国語か・・・・
わたしもわからん・・・
Posted by エル at 2013年03月01日 21:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。